スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モレラ岐阜

ショッピングモールの客の入りがよすぎてトイレがパンクした所があるようです。
こんな話初めて聞きましたよ!うれしい悲鳴でしょうねー。
それだけ景気も回復してきているという事なのでしょうか?

今後郊外の大型店は規制されるので、このような事態に遭遇するのは最後になるかもしれませんね。

人気blogランキングへ

   ブログランキング・にほんブログ村へ

客多すぎてトイレ限界、閉店繰り上げ…岐阜の大型店

 岐阜県本巣市に先月29日オープンした東海地方最大の郊外型ショッピングモール「モレラ岐阜」で6日、予想を大幅に上回る買い物客が訪れたため、汚水が浄化槽の処理能力を上回り、映画館を除き、急きょ営業を午後5時で打ち切った。

 同店では、オープン後の1日当たり来場者を平均5万人と予想していたが、連日、それを上回る7万人前後が訪れ、延べ8日間で58万5000人に達した。このため、日量800トン処理できる浄化槽が、機能しなくなる恐れが出てきた。店では、営業を続ければ、周辺住民や客に迷惑をかけると判断した。本来の閉店時間は専門店街が午後9時、飲食店街は同10時だった。

 県警北方署などによると、大半の客は指示に従ったため、大きな混乱はなかったが、閉店に因縁をつけた同市内の土木作業員(27)と無職男(24)が、警備員や同署員に暴行したとして、公務執行妨害などの現行犯で逮捕された。
(読売新聞) - 5月7日7時38分更新
スポンサーサイト

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。