スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いったい誰の責任だったの!?

【便名言い間違えで日航機ニアミス、管制官2人に無罪】

管制官の裁判では「機長の判断により降下した」ため管制官の責任を否定しているのに、
機長は嫌疑不十分で不起訴なんて納得いかないですよ!!

いったいこの事件は誰に責任があったのか。
確かに個人に全責任を問うのは酷かもしれないですが、
だとすれば監督すべき立場の者の責任だろうし、
管制官、機長、双方に責任があるような気もします。

いずれにしても責任の在り処をあいまいなままにしておいて、
同じ事件が再発してしまわないか、非常に心配です。

人気blogランキングへ

   ブログランキング・にほんブログ村へ

 静岡県焼津市上空で2001年、日本航空907便と同958便が異常接近(ニアミス)し、907便の乗客ら57人が重軽傷を負った事故で、業務上過失傷害罪に問われた国土交通省東京航空交通管制部の管制官籾井(もみい)康子(37)、同蜂谷(はちたに)秀樹(31)両被告の判決が20日、東京地裁であった。

 安井久治裁判長は「蜂谷被告が、便名を言い間違えて907便に降下を指示したこと自体は、事故を招く危険性のある行為とは言えない」と述べ、籾井被告(求刑・禁固1年6月)と蜂谷被告(同1年)にいずれも無罪を言い渡した。

 判決によると、01年1月31日午後、焼津市上空で907便と958便が接近した際、蜂谷被告は衝突を避けようと、958便に降下指示を出そうとしたが、便名を言い間違えて907便に降下指示を出した。907便は、管制指示後に作動した衝突防止装置(TCAS)が上昇を指示したにもかかわらず降下し、TCASに従って降下した958便と異常接近。907便は衝突を避けようと、さらに急降下したため、乗客が、けいついねん挫などの重軽傷を負った。

 判決は、「907便がTCASの指示に従わずに降下を続けたのは、機長の判断によるもので、蜂谷被告の指示は一要素にとどまる」と、蜂谷被告の責任を否定した。

 警視庁は、両被告のほか907便の機長(46)も書類送検したが、東京地検は04年3月、機長については嫌疑不十分で不起訴としている。
(読売新聞) - 3月20日15時36分更新
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://mikankun.blog43.fc2.com/tb.php/11-08cf0d17

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。