スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熾烈な規格争い(次世代DVD)

東芝が、次世代DVDのHD DVDプレーヤーを今年3月、北米で発売すると発表しました。
(1月5日共同通信)

ソニーなどのブルーレイディスク陣営と次世代DVD規格統一をめぐり争っていますが、
製品の市場投入ではHD DVDが先行したようですね。
ハリウッドの動向に目を向けるとブルーレイ優位に動いているようだし、
まだまだ目が離せません。

そんな中で不気味なのがマイクロソフトの存在です。
マイクロソフトはHD DVDを支持しています。
ただ純粋に表面だけを見ていると、本質を見逃すのかもしれません。

以前友人から以下のような話を聞きました。
面白いなと思ったので紹介します。

彼の話では、マイクロソフトは時間稼ぎをしているのではないかと。
将来ネット速度があがれば、DVDなど不要となり、
その都度ダウンロードすればいい時代が来る。
そうなれば世界のOSを牛耳っているマイクロソフトの独壇場になる。
ただそれは先の話で、今の話ではない。
そんな時代が来るまでに次世代DVDが広く普及してしまう事は
マイクロソフトにとって望ましくないと。
それまでは規格統一でもめて、普及が遅れるのが望ましいと。

要約するとこんな感じの話でした。

どうも一時期、ソニー優位に傾いた際、
東芝が規格統一に歩み寄りをみせたらしいのですが、
マイクロソフトが東芝支持を打ち出した影響もあり、破談になったということもあったようです。

何が真実なのか、私には完全にはわかりませんが、一つはっきりしている事は、
規格がわれたままでは本格的な普及には及ばないであろうこと、
もう少し消費者の側に立った企業運営をしてほしいということです。

人気blogランキングへ
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://mikankun.blog43.fc2.com/tb.php/5-e9c73af9

次世代DVD規格競争
規格競争はサバイバル戦へ 「次世代DVD」は、現行のDVDよりもケタ違いの記憶容量を持つ。東芝のHD DVDは30ギガバイト(約6倍)、ソニーのBD(ブルーレイ・ディスク)は50ギガバイト(約10倍)以上。地上波デジタル放送の開始などによって、DVDは、ビデオテープの代わりにな
No.227:次世代DVD
 おはようございます。正月三が日の神社・仏閣の人出が警察庁より発表されました。昨年よりも約394万人多い9747万人が出かけたそうです。これは統計の残っている1974年以降で最も多いそうで、比較的天候に恵まれたためと見られています。?  ベスト3は、昨年同
ハードの詳細が見えてきた次世代DVD
ラスベガスで行われている2006 International CES会場にて次世代DVD「HD DVD」と「ブルーレイディスク」のハードの発表がありました。HD DVDは予想通り低価格機も発表されていますね。同時にソフトも続々と発表になっていますが、気になるソフトの内容についてはまだ...
そうなんだよね。。
Excite <次世代DVD>HD規格再生機2機種を3月北米発売 東芝 次世代DVDでHD?DVD(HD)規格を推進する東芝は5日、HD規格の次世代DVD再生機2機種を北米市場で3月に発売すると正式発表した。価格は普及型が499ドル(約5万8000円)、高級モデ
東芝、HD DVDプレイヤーを3月に発売--価格は499ドルから
○東芝、HD DVDプレイヤーを3月に発売--価格は499ドルから次世代DVD再生機がやっときました。LP-Z4だと、縦の解像度が 720 あるので 480 の DVD だと粗さが目立つんですよね。HDMI も採用してくるようだし、夏ごろには Blueray も出るでしょう。ユーザとしては HD と Bluera

コメント

TBありがとうございます
次世代DVD動き始めましたね。
それと次世代AVアンプも非常に気になります。
今年は出費が多そう( iдi )

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。